Reborn Alive Projectのconcept

“Re(再)”と“born(生まれる)”から成る“Reborn”は、
日本語にすると「生まれ変わる」という意味ですが、
「生き直す」という意味もあると考えます。
また、“Alive”は「生きている」の意味。

表面に漆を塗り足して新たな魂を吹き込む漆器のように、
様々な経験をして築き上げられた今の自分を否定するのではなく、
認めながら次のライフステージを生き直すこと、
活き活きと生きていくことを応援するプロジェクトです。

サバイバー 當野 都由美イメージ class=
サバイバー 當野 都由美からのメッセージ

「がんになったおかげで、多くのことに気づくことができた。この経験と気づきを、多くの人に伝えたい」
乳がんサバイバーであるReborn Alive Project代表・當野都由美からのメッセージです。

當野 都由美プロフィール

當野 都由美

とうの つゆみ

乳がんサバイバー・美容家

1962年広島県生まれ。 事務の仕事をしていた23歳のときに一念発起、美容家を目指して専門学校へ入学。やると決めたらとことんつき詰める性格と持ち前のセンスを発揮し、わずか5年後、28歳で自分のサロンを開業する。以来30年にわたって数々の美容サロンをプロデュースし、多くの女性たちの美に貢献してきた。
そのかたわら心理学も学び、30代後半からは企業や個人を対象にコンサルティングや講演などを行って全国行脚。美容だけにとどまらず、心身の健康や充実といった分野にも活動範囲を広げた。

當野 都由美プロフィール写真

すべてが順風満帆だった2016年。さらに新たなステージへと踏み出そうとした矢先に乳癌を発症。手術、乳房再建を経験した。その経験から、2020年、乳がん早期発見・治療のための検診を提唱し、女性のQOL(クオリティ・オブ・ライフ、人生の質)向上に寄与すべくReborn Alive Projectを立ち上げた。
活動の一環として、手術の傷痕や再建した乳房も隠さず撮影に臨んだフォト&エッセイ集を出版。2021年1月末には広島市内で写真展およびトーク・ライブイベントの開催を予定している。

about

お問い合わせ

Reborn Alive Projectの活動に関するお問合せは下記よりお問合せください。
後日担当者よりご連絡させていただきます。